とやまっぷ

とやまくん日記

高岡市 能作の新社屋を見学してきました

おしゃれな空間を見るとドキドキ感がはんぱなかったです

前から気になっていまして。。。

にわか工芸ファンのとやまくんです。

こんばんわ。

今日は、高岡の鋳物メーカー能作の工場に潜入してきました。


おことわり、会社名に「さん」をつけない派なので、あえて 能作 という表記に統一させていただきます。

とやまくん偉そうに何言っているんだ! と言われる方は、ごめんなさい。


基本的に 会社名の(担当者名)さん という使い方をしています。


工場見学の前にレシーバーをもらいます。


これもシャレオツ。


工場見学の場合、ガラス張りの通路を歩いて安全を確保することが多いですが、能作の工場見学の考えは、

「熱」「音」「におい」

を感じてもらうために作業の近くまで近づくことができるということでした。


ということで、れっつごー

まずは、型。

鋳物の作り方は、木の型を砂に押して、その空洞に銅などを流し込む方法で、木の型がたくさん展示してありました。

展示というより、実際に使うものも多くあるので、保管してある というのが正しい表現かも。


高岡銅器は、完全な分業制で、型職人、鋳物職人、着色 という作業(会社)と連携をとって製品を作っているそうです。

千葉にあるレジャーランド

某千葉のレジャーランドの宝飾品の型もありました


たしか、ミラコスタがなんちゃら。。。

自衛隊エンブレム

海上自衛隊の艦船エンブレムも。。。

これはすごい

工場

真鍮などのラインと、スズのラインがありました。

思ったよりも若い人がたくさん働いていらっしゃいました。

明るい工場

自然光とLED照明で職人に必要な光量があるように計算された照明とのことで。。。

スズの融点

スズの融点は231度なのでコンロで溶かして流し込みができるそうです。

工場の次は仕上げの部屋

場所が変わって削る磨く部屋に。

もうマザックあるだけでドキドキします。

真鍮製品

真鍮・銅などは、NCなどで削って磨く工程になるそうですが、処理前と処理後の重さがすごい違うことにびっくり。

※ 写真の手はとやまくんじゃありませーーーーん。

スズ

スズは柔らかいので形を整えるぐらいの作業で終わるそうです。

といっても1つ1つ手作業で職人の技を感じました。


ちなみに工場見学は平日+土曜隔週で、1人~ 対応されるそうです。

30分ほどの内容でしたがすっかりファンになりました。

体験工房

工場とは別に体験ができる工房も併設

子供たちあつまれー

社長さんの子供たちにものづくりの楽しさを体験してほしいという思いで、小学生は500円・中学生は800円の設定でできるそうです。

お水は無料!!!

お水がおいてあったので、飲んでみたのですが、、、、


はじめてのスズカップ。


あっという間に手が冷たくなるくらい新感覚の器でした。


おすすめです。

幸せの鐘

風鈴みたいに、ちりんちりーん


という音を期待したのですが、


がらんがらーん


という感じでした。

たのしかった

工場見学はやっぱり面白い。


ありがとーございました。

さいごに

見学の前に見せていただいたVTRで、前の工場で見学に来た親子で子供に「ちゃんと勉強しないと、こんなことになるよ」っと。。。

その言葉に怒りと同時に職人の地位向上を目指して新しい分野に力を入れてこられたそうです。

高岡の鋳物産業が仏具中心だった時代に、真鍮のベルを作ったが、日本にテーブルベルの文化がなく売れず、社員の提案で風鈴にして販売。

季節ものということで年間通して売れることもなく、10年ほど前からスズを使った食器に挑戦。

スズはやわらかく、変形する食器ではいけないといろいろ錯誤していたところ、「まがる食器でもいいじゃないか」と言われ今では世界の有名レストランで使われいるそうです。

そんなサクセスストリーを聞いて、新工場からまた新しい商品が生まれてくることが楽しみです。


ちなみに2017年4月27日にオープンした新社屋、すでに1万人以上の来場者が見学・体験・ランチに来られたそうで、当初年間2万人を目標にしていたヨミが大きくはずれたそうです。夏休み遊びに行くところも少ない富山県ですが、ものづくりの体験をしてみてはいかがでしょうか?

平日でしたが、若いカップルや、子供を連れたママさんがショップやカフェを利用されていました。


見学コースに入らなくても2階から工場が見えるのでそれだけでも楽しいし、いろんな型を見ているだけでもワクワクな空間でした。


とやまマラソンのメダルもメードイン 能作。

ほしいけど、とやまくんが手に入れられるのはいつになることやらです。


株式会社 能作
http://www.nousaku.co.jp/
〒939-1119
富山県高岡市オフィスパーク8-1
Tel/fax 0766-63-0002 / Fax 0766-63-5510
営業時間 10:00-18:00

「とやまくん」からひとこと

ちゃんと勉強しないと、とやまくんになるぷ~
バックナンバー